>
主な活動
>
「国内のグローバル化」研究会
>

フィリピンの労働者送り出し制度について研究会を実施しました。

<テーマ THEME>
フィリピンの労働者送り出し制度について
The Philippine System of Deploying Overseas Filipino Workers

<日程 DATE >
2016年3月9日(水)
2016 November 2

<時間 TIME >
午後3時30分~午後5時30分
3:30 p.m.~5:30 p.m

<場所 VENUE>
横浜弁護士会館(現・神奈川県弁護士会館)
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通9番地
Yokohama Bar Association
Naka-ku Nihon-Odori 9, Yokohama, Kanagawa
https://www.kanaben.or.jp/

<主催 ORGANIZER >
横浜国立大学国際社会科学研究院法曹実務専攻
Yokohama National University, Law School

<報告者 PRESENTER>
労働アタッシェ マリア ルズ L.タレント
(フィリピン共和国大使館海外労働事務所)
Labor Attaché Ma. Luz L. Talento,
Philippine Overseas Labor Office (POLO)

<使用言語 LANGUAGE >
英語
ただし、報告の概要及び質疑応答につき通訳あり。資料は英文・和文とも用意。English (accompanied by Interpreter as needed)