>
主な活動
>
「国内のグローバル化」研究会
>

神奈川県の家事支援外国人受入事業とフィリピンの家事支援人材保護政策について研究会を実施しました。

<テーマ THEME>
神奈川県の家事支援外国人受入事業とフィリピンの家事支援人材保護政策
Utilization of Foreigners Conducting Housekeeping Services in Kanagawa Prefecture and The Philippine Policies for the Protection of Overseas Filipino Housekeeping Workers

<日程 DATE >
2016年11月2日(水)
2016 November 2

<時間 TIME >
午後3時30分~午後5時30分
3:30 p.m.~5:30 p.m

<場所 VENUE>
横浜ランドマークタワー
〒220-8125 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2番1号 25F カンファレンスルームD(旧セミナールーム3)
Yokohama Landmark Tower, 25th Floor, Conference Room D
Nishi-ku Minatomirai 2-2-1, Yokohama, Kanagawa
http://www.yokohama-landmark.jp/page/

<主催 ORGANIZER >
横浜国立大学国際社会科学研究院法曹実務専攻
Yokohama National University, Law School

<報告者 PRESENTER>
神奈川県産業労働局労働部労政福祉課労政グループ
安井氏、斉藤氏 (報告者は変更になる場合があります。)
フィリピン共和国大使館海外労働事務所
労働アタッシェ マリア ルズ L.タレント
Labor Administration Group (Mr. Yasui, Mr. Saitou)
Industrial and Labor Bureau of Labor Affairs Division
Kanagawa Prefecture
Labor Attaché Ma. Luz L. Talento,
Philippine Overseas Labor Office (POLO)

<使用言語 LANGUAGE >
日本語、英語
ただし、報告の概要及び質疑応答につき通訳あり。資料は英文・和文とも用意。Japanese, English (accompanied by Interpreter as needed)